So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚した西川史子がマンションのローン残額をカミングアウト [タレント]

2014年1月11日に離婚したタレントで医師でもある西川史子さんが今現在残っているマンションのローン残額をイベントでカミングアウトしています。

西川史子さんは離婚して独り身となってから新居を購入しているので1人で返していくわけですが、かなり巨額な金額になっていてまわりは驚いています。

借金ともいうべきマンションのローン残額ですが、なんと9600万円との事です。

相当でかい金額ですが、医師でタレントという西川史子さんの職業的な推定年収や、現在の年齢から換算して返せる目処があるのか、ローンという借金と離婚がセットとなった現在までの道のりを簡単にまとめてみます。

スポンサーリンク



西川史子の現在の年収は


マンションのローンが9600万も残っているのが発覚したのは「BEAUTY WEEK AWARD 2016」授賞式で西川史子さんがインタビューを受けてカミングアウトした事で発覚しました。



そのインタビューの時に隣にいた指原莉乃さんも絶叫するくらい驚いています。

巨額のローン残額ではりますが、西川史子さんは医師で人気タレントですので、年収次第では何とかなるはずです。という事で年収がいくらくらいあるのかを調べてみたのですが、推定年収も不明でした。

本人もいくら稼いでいるのかというのは正確にはわかってないようでした。

ただ過去のインタビューでは「4000万円の2倍は超えている」という発言があったそうです。

医師の仕事とタレント業務の二束のわらじですからね。ま~確定申告とかあるんで、わかりそうなものですが、ビートたけしさんみたいに財布が嫁に握られていていくら稼いでるか本当に知らないとかいうパターンですかね。笑。

ちなみにこの4000万の2倍というのは、おそらく一番稼いでいるピーク時の事なのかなと思います。

ちなみに離婚後に1人暮らしをするための新居として1億円のマンションを35年ローンで購入し、内装費に4000万円かけて、残り9600万円のローン残高があるという状況のようです。

一般的にマンションや一戸建てを購入できる世帯の3倍のローンを組んでいるわけです。ローンを組んだ年齢は43歳か44歳あたりです。

多分、節税面なども考えての35年ローンだと思いますが、年収が何千万とあるならば、世界的な経済危機がこない限りは返済はなんとかなりそうですね。

バブルの時とかは土地や家の価値が上がり続けたわけで、融資の審査が甘かったのか明石家さんまさんとかが、とてつもない借金してましたからね。

あの時代は謙虚を忘れて調子にのってしまった人は借金して、返せなくなっていろいろな人が国を訴えてたみたいですけど、誰も勝てなかったみたいです。

借金を返すために働く人生になった人もたくさんいたようです。

西川史子の離婚と今後


西川史子さんは4000万という数値や金額にとてもこだわりがある人です。

この4000万というのはひたすら西川史子さんが発言していた言葉であり金額なんですが、元々は母親が「結婚相手は年収4000万以上」という事をずっと子供に教え込んでいたらしいんですね。

人間として親として痛い話です。

ちなみに西川史子さんはこの教えをずっと信じ続けて守り続け、自分で間違いに気付くまでに「年収4000万にこだわる理由」とかいう書籍まで出版されています。

経済面では超勝ち組なのに痛いですね。心は自分で養わないと、きっと幸せにはなれないんでしょうね。

毒舌キャラで売っていた時代には結婚相手は年収4000万以上を求めてると、結婚する以前は人間性を疑うような高飛車な発言を繰り返しています。

その後は離婚して「あれはもうどうでもいいね、ばかばかしい」とのコメントをだされていて、身を持って理解したようですが、人として気付けてよかったと思います。

西川史子さんの生年月日は1971年4月5日で、医者になるために聖マリアンナ医大に進学し卒用しています。

在学中にミス日本に出場してフォトジェニック賞を受賞し、当時「恋のから騒ぎ」3期生としてテレビに出演して明石家さんまさんともトークを繰り広げています。

この頃は7股をかける遊び人で、ハメを外しまくって楽しみまくっていたようです。

学歴も、お金も、男も手に入れて人生を思いっきり楽しんでいたようですね。

元夫(元旦那)の福本亜細亜さんは元葛飾区議会議員で葬儀場の経営者でしたが、実家が資産家とはいえ、年収は1000万くらいとの事でした。

ちなみに2013年1月20日放送の「サンデー・ジャポン」でも生放送の最中に、夫が家出中であることを涙で突然に報告。

「帰ってきてください」と訴えています。

そのときは「ゴミの分別」を巡る夫婦ケンガが原因だったそうです。

その後の西川史子さん発言は心の闇を語るものが多くなります。精神状態も常に不安定であるのがテレビのモニター越しにもわかるような状況でした。

「ストレス発散になるから夜中ずっと揚げ物してる」

「ずっと毎日、昼と晩につぶ貝を食べていました」

人生の波の幅が相当に上下に広いですよね。笑。

人に対してすき放題に言いまくって、自分自身も楽しみまくった反動なのでしょうかね・・・。

今はマンションのローン残額が9600万円と明るく話せるような精神状態のようで、いろいろと自分を見つめ直して、しっかりと歩いていけてる状態なのかもしれませんね。

毒舌キャラは面白いわけですし、今は自虐キャラも結構受け入れられているのかもしれません。

自分で気付けたのであれば、今後は同じ失敗をしないようにがんばって欲しいと思います。

スポンサーリンク


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

広告スペース
Copyright © 芸能人や有名人の話題ナウ All Rights Reserved.