So-net無料ブログ作成

君の名は。で有名になった新海誠の出身や経歴 [有名人]

君の名は。の映画が空前の大ヒットを達成して、日本中の注目が集まりだした新海誠監督の出身や学歴、経歴なんかをまとめて紹介していきますね。

ここまで有名人になるといろいろと情報も出てきたりまとめられたりするので、とても参考になったりするのですがどうやら新海誠監督は睡眠時間が少なくても生活に支障がでないショートスリーパーの体質のような記載をwikiで見かけました。

明石家さんまさんや、上戸彩さん、伊集院光さん達と似たような体質なのかもしれません。

「DEC2」遺伝子というものがあってカリフォルニア大学などで研究が行われています。人によって適切な睡眠時間が違うのはこの遺伝子が影響しているのです。

スポンサーリンク


新海誠の写真や出身


もう有名になりすぎて新海誠監督はあちこちのメディアに出ているので写真や画像、映像で見て顔を覚えている人も多いかと思いますが、まだ見てない人やはっきりと覚えてない人のためにスタッフの方のツイッターにリツイートの画像があったので紹介します。




では新海誠さんの出身地なんですが、長野県の南佐久郡小海町という場所で生まれています。

「君の名は。」の映画の中の舞台は岐阜の飛騨ですが、全国各地のいろいろな場所がモデルであったりモチーフになっています。

必然的にというべきか新海誠さんの出身地である長野県の諏訪湖もモチーフになっているのかもしれませんね。




答えとしてはいろいろなスタッフの記憶などが集まっているみたいですね。

新海誠の学歴と経歴


ここまで有名になると新海誠さんの学歴や経歴も気になると思います。

もしかすると自分と同じ出身校に通っていたり、もしかするとどこかで接点があったかもしれませんからね。

本名:新津 誠(にいつ まこと)
生年月日:1973年2月9日
出身高校:長野県野沢北高等学校
出身大学:中央大学文学部
最終学歴:中央大学文学部文学科国文学専攻卒業

どうも大学では文学部を専攻していたみたいですね。これは作品を作るうえでのシナリオとかに役立っているのかもしれませんが、ゲームとかアニメ系とはちょっと関連性はなさそうな気もします。

この後に調べた内容からわかったのですが、当初は親の建設会社の後を継ぐ予定だったのであれば工学部の建築学科とかもありえたのかなと思ったりしたわけですが、社長候補に学部など関係ないのかもしれませんね。


クリエーターの学歴とかの統計を取って調べてみたいですね。


ちなみに新海誠さんはお酒を飲むのが大好きみたいです。ツイッターを見たんですが、お酒を飲む事のつぶやきが無茶苦茶おおいです。笑。

ちなみに新海誠さんが結婚しているかどうかですが、子供さんの事をツイッターでつぶやいているので結婚しているという予想がされていましたが、実際に奥さんがいて女優さんであることがわかっています。

⇒ 新海誠の奥さんと子供について


ゲーム会社への就職


経歴についてはまずは大学時代から日本ファルコムというゲーム会社でアルバイトをはじめています。

イース、ドラゴンスレイヤー、英雄伝説とかの名作を作ったゲーム会社ですね。

大学卒業後の就職もこのゲーム会社に就職しています。

実は新海誠さんの実家は建設会社(ゼネコン)をされているようで、父親は社長さんです。実家を継ぐための父親関係の就職先を断って日本ファルコムに就職されたんですね。

「君の名は。」に出てくるてっしー(勅使河原克彦)の父親が土建屋の社長で三葉の父親との腐敗の臭いについての演出があったわけですが・・・。


実家は関係ないですよね多分。汗


今の日本の政治の腐敗を指摘していると思っていたのですが、実家が建設会社を経営されているようで関連ってあるのかなと思ったりもしました。

長野県内屈指の老舗建設会社新津組の社長を務めるのが父の新津正勝氏ですが、雑誌のインタビューに答えられていた感じでは普通の仲のようでしたが、こればかりはご本人達や周りの家族や知り合いしかわかりませんからね。

新海誠監督の当時、父親にした電話の会話が下記です。

「お父さん、ゴメン。若い時でないとできない仕事がある。だから紹介して貰った会社には・・・」

父が実家を告がせるために修業させようとした会社の近所で、社員募集をしている会社が日本ファルコムだったみたいですね。ま~その会社でアルバイトもしていたわけですし。

5年間務めて日本ファルコムを退社し、今現在はコミックス・ウェーブ・フィルムというアニメ制作会社に所属されています。

新海誠監督の作品


「君の名は。」がブレイクし、ここまでの社会現象となるほどの作品を生み出すと過去に作った作品や携わった作品も注目されるわけです。

  • ほしのこえ
  • 秒速5センチメートル
  • 星を追う子ども
  • 言の葉の庭
  • 君の名は。


有名な代表作は上記です。

実は新海誠さんは美少女ゲーム系の作品のOP(オープニングムービー)も手がけています。

実際に新海監督の公式HPにも「minori作品オープニング」としてコーナーが用意されているわけです。

人によっては売れっ子になると過去の経歴を隠す方向にいく人も多いわけです。芸能人とかでもアイドル関係の学生時代の素行であったり、アダルト系業界との関係経歴もそんな感じですよね。

会社や企業もそうですが、有名になると美少女ゲーム系とのかかわりを隠そうとする風潮があるようですが、新海誠さんは別に何も隠そうとせず公式HPでも公開しています。

これって別に何も恥ずかしい事でないので当たり前のような事ですが、今の日本ではまだ恥ずかしいというような風潮がある中ではすごい事だと思います。

新海誠さんのキャッチフレーズを載せた画像があったのですが、下記のコメントが載ってました。

「批判を恐れない。そのためには自分の『芯』を持つことが大切なんです。」


ゲイの人たちもカミングアウトしていっている時代です。


何も人に迷惑をかけているわけでないし、それがその人達にとっては当たり前なんですよね。

本当に恥ずかしい人間性というのは「君の名は。」の映画の中でも出てきたゆすりやたかりをやっている人間であったり、号泣議員の野々村竜太郎とか舛添要一とか石原慎太郎みたいな人間とかだと気付いていく世の中になっていくのかもしれません。

今後の新海誠さんが作る作品が楽しみになりましたね。

スポンサーリンク

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

広告スペース
Copyright © 芸能人や有名人の話題ナウ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。