So-net無料ブログ作成

嫌いな人が多い江川達也の嫁や子供の家族構成 [タレント]

江川達也氏といえば炎上芸で活躍するタレントとして有名なわけですが、嫌いな人はたくさんいるわけですが、一体どういった性格でそしてその家族はいったいどんな人間なんだという事が気になると思います。

有吉弘行さんみたいなある程度は狙った毒舌家というわけでもなく、リアルな性格を表に出した炎上芸で売り込んでいるというか・・・。


メディアに出るたびに炎上するわけですが、大ヒットした「君の名は。」の映画を酷評した時も炎上していたわけです。


この時に家族のコメントもでていたわけで、一体どんな家族構成で嫁や子供はいるのか、息子か娘なのかというところと、江川達也氏やその家族の性格や人間性を考察してみたいと思います。

スポンサーリンク


結婚していて嫁と子供がいる


世の中には江川達也氏を嫌いな人がそれなりにいるわけですが、結婚されていて嫁がいてるようです。

ネットの情報を頼るとソース的には2007年4月24日に放送されたTBS系のテレビ番組「細木数子のずばり言うわよ!」で本人が結婚についてもコメントしています。

ちなみに江川達也氏が女性誌で語った恋愛感のコメントも公表されています。

「僕が女性を口説くのは探究心。いつでもドキドキしていたいんだよね」
「良い恋している女性ってやっぱステキだもん」
「僕がこの目で見つめあう事で二人の世界に入ることができる」

嫁もこの手の口説き文句でハートを射止めたのかもしれませんね。

結婚のエピソードとしては奥さんの父(義父)が江川達也氏の仕事が漫画家(当時は肩書きが漫画家だったので)と聞いただけで怒ってしまったために、奥さんの実家に億単位の通帳持参したというエピソードが語られています。


これだけ聞いてしまうと、ちょっとお金でも釣った可能性もあるかもしれませんね・・・。


お金はある意味では必要ですからね。

ちなみに若い頃はイケメンで告白されすぎて困っていたとも語っています。好きな子には告白できなかった対pうのようです。という事は今の奥さんは・・・どうなんでしょうかね。汗。

ちなみにネット上の噂では実際に見たことがある人がいるのか奥さんは美人という事でした。

どうしたらこんな美人な嫁をもらえるのかというコメントを見かけましたが、江川達也氏は現在とは違って昔はイケメンで持てまくっていたようですしお金持ちでしたからね。

子供は娘と息子の2人


江川達也氏の嫁についての詳しい情報は一般人の方と思われるのでわかりませんが、奥さんとの間には子供がいます。

子供は2人いて長男の息子(兄)と長女の娘(妹)がいるようですが、やはり子供2人は一般人のようなので詳しい情報はわかりません。

ただ娘さんの方は、江川達也氏の自宅に芸能人(マツコ・デラックスと笑福亭鶴瓶さん)が訪問した際に顔出しはNGでテレビに登場しています。

他にある子供の情報としては、江川達也氏が「君の名は。」の映画を見た後にFacebook上で炎上芸の続きとして酷評し、「中略・・・まあまあ楽しめたので時間と金返せ。とは言わない。うちの家族全員見たが、評価はあまりよくない。」と語っています。

嫁と子供2人とも「君の名は。」の映画は面白くなかったという事みたいです。

江川達也と家族の人間性


さてそれなりに多くの人から嫌われて「嫌いだ」とコメントされる炎上芸でタレント業を頑張っている江川達也氏ですが、芸というよりはもしかして人間性が出ているのかとも考えられます。

かつての同業者である漫画家である平野耕太さんも江川達也氏の言動や態度には不快感を示していて、自らの職業を「江川達也をテレビで見たら『チッ』と舌打ちをする係」としているくらいの嫌いようです。

炎上芸ですので、メディアに出るたびに炎上する批判系のコメントを出してれば、それがお仕事になるわけです。

ただ多くの人が高評価をつける映画の「君の名は。」を徹底的に酷評していたので、もしかすると炎上芸よりは素の人間性も絡んでいるのかもしれないと思ったわけです。


映画などの作品を面白い、面白くないという感想は人それぞれの感じ方や捉え方なのでどちらでもいいわけです。


では「君の名は。」の映画を面白くないという感想の人はどういった人がいるのかと考えてみたわけです。

要するに作品にどこまで共感できるのかという部分ですが、「君の名は。」は恋愛ストーリーというのは側面的なお話で、本当に伝えたい事というのは今の日本や世の中についてなのかなと思うわけです。

残念ながら政治は腐敗してますし、メディアは捏造や虚構、偏向報道を繰り返しているわけです。シン・ゴジラのように「日本はまだまだやれる」とか「日本人として絶対にあきらめてはいけない事」などが語られているので年齢を問わずに共感する人が多いのかと思います。


この映画に共感できる人が多いという事は日本にもまだ可能性は残されているはずです。


この映画が震災を連想させると深い考察をしているネットニュースもありました。

ニュースソース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1472797135219.html

共感できない人


「ゆすりやたかりをやっているようなゴミのような人間」
「まわりの人に無関心で自己中心的な考え方の人」
「苦労を経験せず努力する必要性もない感じの人」

ま~いわゆる映画の中でも少し描かれていたゴミのような人達は当然ですが共感などはできないと思います。もっと悪いことをしている人や、肩書きだけあって無能な既得権益も同様に感動などできる映画ではないのかなと思います。

共感できる人


「努力している人や挫折を乗り越えようとしている人」
「今の日本をなんとかしたいと思っている人」
「人のために何かをしたいと思っている人」
「人と運命の出会いを探している人」

自分を成長させたい、何かがおかしい、何かを変えないといけないと思っている人はこの映画に感動し共感を持つのだと思います。

ちょっとストーリーや設定が深いのと伏線の張り方や展開が早かったりして、よくわからないという人も一定数はいるかと思います。そういった人は学びをして人生経験を積んで、2回目をみるとまた違った感じ方をするかもしれません。

江川ファミリーの人間性


江川達也氏の炎上芸はどこからきているのかというのを考えてみると、どうやら人間性という部分なのかなという事です。


人間性が薄いというか・・・。


という事は一緒に映画を見たという家族全員の人間性も・・・。

6億円の豪邸を自慢している自己顕示欲の強い人間性で家族もお金に不自由はしてないですからね・・・。

必要以上に何かを批判して自己を保っている人間性にいつかは気付くんでしょうかね。


人を作り人を変えるのは人です。家族の人達もきっと江川達也氏の影響を受けたのかもしれませんね。


もし江川達也氏が人の心を失って炎上芸をしているのであれば、江川達也氏が人の心を取り戻す事を願っていきましょう。

と締めくくろうと思ったのですが、実は江川達也氏には彼の人間性を大きく変えたかもしれないと思われるあまりにも深い心の闇を作る存在があったのです。それは今の家族ではなくて、昔の家族の兄という存在です。

⇒ 兄との確執で生まれた心の闇

スポンサーリンク

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

広告スペース
Copyright © 芸能人や有名人の話題ナウ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。