So-net無料ブログ作成
検索選択

極楽とんぼの山本圭壱がテレビ地上波に続き吉本へも復帰 [お笑い芸人]

極楽とんぼの山本圭壱さんが芸能界に復帰してからしばらく経ちましたが、2016年7月30日のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の特番で10年ぶりにテレビ地上波に復帰したのは記憶している人もいるかと思います。

当時の吉本興業は冷たくスルーして無関係を貫いていました。

日本テレビとかと同じポジションですね。どういう勢力や権力の圧力を受けてそういう態度をとっているのかは謎ではあるのですが・・・。

ところが2016年11月20日をもって極楽とんぼの山本圭壱さんが、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属として復帰する事が報道各社へファックスで通達されたのです。

スポンサーリンク


吉本が山本圭壱を復帰させた理由


2016年11月20日に極楽とんぼの山本圭壱さんがよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属という形で吉本への復帰を果たしています。




2016年7月30日にフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の特番でテレビ地上波に復帰した際には吉本は「テレビ局主体で動いたので、コメントすることは特にない」と冷たいコメントをしています。

このコメントの内容はたまたま以前に記事にしていました。

⇒ 極楽とんぼ山本圭壱の芸能界復帰を阻む事件の真相


この流れがどうやら変わったらしく、吉本への復帰が決まった日に報道各社宛のファクス書面が通知されています。

山本圭壱 「この度、大崎社長とお話させて頂いて、改めてよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属ということになりました。これまでにご迷惑をおかけしてしまった方々も大勢います、それ自体は決して消すことの出来ない事だと思っています。これからは、一人でも多くの方に笑って頂けるよう頑張っていきたいと思います。」

加藤浩次 「この度、大崎社長の計らいで、また極楽とんぼとして、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属という形になりました。一歩一歩ではありますが、一から若手芸人のつもりで頑張ります。」

クリエイティブ・エージェンシー
「このたび、当社は2016年11月20日をもちまして、山本圭壱を所属タレントとして復帰させることとしました」

「山本は2006年に当社との契約が解消となり、以降10年間、芸能界から離れて反省の日々を過ごしてきましたが、このたび極楽とんぼとして復帰したいという本人の希望を受けて、当社で検討のうえ、復帰を認めることにしました。」


いったいこの4ヶ月弱の間に吉本の会社の中で何があったのでしょうか・・・。

というか極楽とんぼの山本圭壱さんも自ら招いた不祥事であった事は確かなので、解雇された事も仕方がない事ですが、所属芸人をかばうか、切るかで切る方を選ばれたにも関わらず、復帰したいほどの魅力ある芸能事務所なんですね。


魅力ある芸能事務所というよりは、そこに所属している仲間に熱い恩があるからかなとは思うのですけどね。


事務所自体はギャラの取り分が吉本9割、芸人1割と噂さるほど搾取するみたいですが、実際に吉本芸人の元嫁や妻である千秋さん、藤本美貴さんもカミングアウトしているので事実の信憑性が高まっています。

それでも戻りたいという事はやっぱり仲間がいるからなんでしょうね。


この事務所の態度が変わったのは、やはり高畑裕太さんの事件での世間のイメージが影響しているのでしょうか。

高畑裕太さんの母親の高畑淳子さんは山本圭壱さんを干した女芸人と仲がよかったみたいなんですよね・・・。

これは後からわかった事ですが本当に衝撃的な事実でした。


繰り返される運命と縁


実は地上波で放送禁止みたいな状態になっている大ヒットした名作の映画があるんですね。

東宝配給で極楽とんぼの山本圭壱さん2003年に出演した映画「黄泉がえり」です。ここで山本圭壱さんは長澤まさみさん、哀川翔さん、竹内結子さんらと共演しているんです。


その後に自ら事件を起こすハメになったわけです。


10年以上の歳月が流れ長澤まさみさん、哀川翔さん、竹内結子さんは2016年NHK大河ドラマ「真田丸」に出演します。そこに高畑淳子さんも共演されています。

長澤まさみさんは少し前に高畑淳子さんともKINCHO「虫コナーズ」のCMでも共演されています。

そして高畑裕太さんは親子共演で「真田丸」に出演予定となっていました。


それがあの事件へと続いているわけです。


高畑裕太さんも不幸にも自ら事件を招いてしまい、あの絶叫謝罪をする事になりました。


これは運命だったのでしょうか・・・。


高畑裕太さんはまた自分の足で立ち上がる事ができるのでしょうか。山本圭壱さんは「黄泉がえり」を果たしたのでしょうか。

そしてこの事件は見る角度を変えてドラマを見ると「真田丸」にて衝撃的な描かれ方をされているようにも見てとれます。

⇒ 脚本家の三谷幸喜が真田丸でみせた衝撃の演出


吉本が山本圭壱さんを復帰させた理由はこの背景と流れがあったからなんでしょうか。明らかに世間の目や考え方は変わりつつあります。

その流れに敏感に対応したのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

広告スペース
Copyright © 芸能人や有名人の話題ナウ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。